「桜の森 夜の森」移動写真展
主催:福島県いわき市地域活性プロジェクト MUSUBU

【12/1(土)より、宇都宮パルコ5F で写真展示スタート!】
県外初となる「桜の森 夜の森」写真展を下記日程に、復興支援プロジェクト「ふく×ふくフェス」のプログラムのひとつとして開催。お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

【ふく×ふくフェスpresents ふくしま復興支援写真展】
「桜の森 夜の森」写真展

<常設展>
2012年12月1日(土)〜12月25日(火)
宇都宮パルコ5F 特設会場
今回の展示のために制作した新作写真パネルを展示

<特別展>
2012年12月16日(日)10:00-17:00
宇都宮パルコ9F
特設会場移動写真展で展示した大型パネル6点を展示

協力 NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク

イベント詳細 MUSUBU


J-WAVE Heart to Heart「桜の森夜の森」移動写真展
「誰もが待ち望んだ夜の森の桜が福島県内3か所を巡る」

 

 原発事故により警戒区域となっている福島県双葉郡富岡町にある桜の名所「夜の森」。
その写真が“J-WAVE Heart to Heart「桜の森夜の森」移動写真展”として2012年8月福島県内3カ所でお披露目される。
 当プロジェクトは、富岡町出身の母親や親戚たちに“桜を見せたい”というMUSUBU(福島県いわき市地域活化団体)代表の宮本英実の思いからスタートした。今年2012年4月25日に写真家の白井亮氏(福島県いわき市出身)と共に夜の森に入り写真を撮影。人がいなくなってしまった町でも、変わらず咲き続ける桜は希望にも見え、この状況を多くの人に見てもらいたいと思った。
 すでに雑誌等に写真が掲載され話題となっていたが、今回FMラジオ局J-WAVEの協力の元、
念願の写真展を開催する運びとなった。
 より多くの方々が参加しやすい手法を検討し、株式会社ウインローダーの協力の元、4tトラックの荷台を展示スペースとして使用する移動型の写真展として企画した。このトラックの外観は、いわき市の子供がペイントしたもので、写真展だけでなくトラック自体もこの写真展の魅力のひとつとなっている。

イベントの模様は9月9日(日)22:00よりJ-WAVEで特番として放送されることも決定。

▼移動写真展開催日程▼

◯2012年08月11日(土)12:00〜20:00
福島県郡山市※「夏祭りin郡山」と連動
場所:福島県郡山市富田町応急仮設住宅(福島県郡山市富田町字若宮前32(仮設住宅地内))
主催:「おたがいさまセンター」(富岡町復興支援センター)

◯2012年08月25日(土)12:00-21:00
福島県福島市※「ふくしまアカリトライブ」と連動
場所:福島競馬場馬場内広場(福島県福島市松浪町9-23)
出演者:GAKU-MC/Candle JUNE他(予定)/入場無料
主催「ふくしまアカリトライブ」実行委員会

◯2012年08月26日(日)10:00-13:00 / 14:00-17:00 福島県いわき市
場所:福島県いわき市泉玉露応急仮設住宅/ アクアマリンパーク
10:00-13:00泉玉露応急仮設住宅駐車場(福島県いわき市泉玉露2丁目10-1)
14:00-17:00 アクアマリンパーク(福島県いわき市小名浜辰巳町43−9)
※観覧は全て無料※

▼展示車▼4tウィング車(協力:株式会社ウインローダー)
▼展示内容▼B1パネル6点/ デジタルフォトフレーム3機

TOP   PICK UP  PAGETOP